文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ネジバナ

ネジバナ [捩花]

  • ネジバナ
  • ネジバナ
花の色 その他
開花時期 6月 7月 8月 9月
誕生花
7 月 4日
花言葉
旅立ち
花の特徴
茎先に螺旋状にねじれた花序をつける。 ねじれは左巻きも右巻きも両方ある。 花の色は淡い紅色だが、色の濃いものから薄いものまで変化が多い。
葉の特徴
根際から生える葉は幅の広い線形である。 茎には披針形の鱗片葉がつく。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
種小名の sinensis は「中国の」という意味である。 変種名の amoena は「愛すべき」という意味である。
その他
別名を捩摺(モジズリ)とも言う。 俳句の季語は夏である。 属名の Spiranthes はギリシャ語の「speira(螺旋)+anthos(花)」からきている。花穂が捩れて螺旋状に花がつくことから名づけられた。
生育地 原野や芝生地など
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~40センチ
分布 北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布。 海外では、朝鮮半島、中国、サハリン、シベリアなどにも分布。
名前の読み ねじばな
分類 ラン科 ネジバナ属
学名 Spiranthes sinensis var. amoena

ネジバナ [捩花]

同じラン科に属する花

今咲いている花

7月に咲く花

  • ケイトウ(ケイカンカ)

    色: オレンジ
    大きさ:30~90センチ
    花の特徴:ニワトリの鶏冠(とさか)のような形の花を咲かせる。 花の色には黄色、オレンジ、赤などがある。 花弁はなく萼片が5枚、雄しべが5本である。茎は木質化して硬い。

  • キキョウ(バルーンフラワー)

    色:
    大きさ:40~100センチ
    花の特徴:秋の七草の1つだが、むしろ真夏が盛りである。 花は先が5つに裂けた鐘形である。 咲き始めは、花粉のついた雄しべは雌しべの花柱にくっついている。 花柱に花粉をつけ終わると雄しべはしなびる。 花柱の花粉が昆虫に持ち去られると、先が5つに裂けて柱頭が現れる。 花の色は濃い青紫が基本だが、園芸品種には白や淡い紫、淡いピンクなどがあり、半八重咲きのものもある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ