文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ネズミモチ

ネズミモチ [鼠黐]

誕生花
-月 -日
花言葉
ネズミモチ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 6月7月
花の色
名前の読み ねずみもち
分布 本州の中部地方から沖縄にかけて分布。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国にも分布。
生育地 低地や丘陵地の林の中など
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 2~5メートル
分類 モクセイ科 イボタノキ属
学名 Ligustrum japonicum
花の特徴
枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花冠は長さ5ミリくらいの筒状で、先は4つに裂ける。
雄しべは2本である。
葉の特徴
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は厚く、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
実の特徴
花の後にできる実は楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、11月ころに黒紫色に熟する。
この花について
属名の Ligustrum はラテン語の「ligare(縛る)」に由来する。この属のある植物の枝で物を縛ったことからきている。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
その他
和名の由来は、葉が黐の木(モチノキ)に似ており、実を「鼠の糞」に見立てたものである。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「ネズミモチ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
6月7月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!