文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ [凌霄花]

  • ノウゼンカズラ
  • ノウゼンカズラ
  • ノウゼンカズラ
花の色 オレンジ
開花時期 6月 7月 8月 9月
誕生花
8 月 6日
花言葉
崇高 , 気高い
花の特徴
オレンジ色の大きい漏斗状の花をたくさんつける。 花径は5~10センチくらいある。 雨や曇の日が続くと、花や蕾が落ちやすくなる。
葉の特徴
葉は向かい合って生える(対生)。 奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)である。 3対~6対の小葉からなり、先に1枚の小葉がつく。 小葉の形は細長い卵形で、先は細長く尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Campsis はギリシャ語の「campsis(湾曲)」からきている。雄しべが弓形をしていることから名づけられた。 種小名の grandiflora は「大きな花の」という意味である。
その他
漢名は凌霄花(りょうしようか)で、凌には「しのぐ」、霄には「そら」の意味がある。 「天を凌ぐほど高く登る花」という意味になる。 「ノウゼン」や「ノウゼンカ」とも呼ばれる。 俳句の季語は夏である。 近年はアメリカ凌霄花(アメリカノウゼンカズラ)と交配した園芸品種が販売されており、赤のより濃いものや桃色、黄色などのものもある。
生育地 庭植え
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 2~5m
分布 原産地は中国。 日本へは平安時代に渡来。
名前の読み のうぜんかずら
分類 ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属
学名 Campsis grandiflora

ノウゼンカズラの動画

ノウゼンカズラ [凌霄花]

今咲いている花

7月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ