文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ノボリフジ

ノボリフジ [昇藤]

  • ノボリフジ
  • ノボリフジ
  • ノボリフジ
花の色 オレンジ ピンク
開花時期 4月 5月 6月
誕生花
3 月 10日
花言葉
光が踊る
花の特徴
茎先に蝶形をした小さな花を群生させる。 花の色は白、赤、ピンク、黄、紫、オレンジなど多彩である。
葉の特徴
葉は団扇のような形をした手のひら状の複葉で、10枚くらいの小さな葉が集まって1セットになっている。
実の特徴
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
この花について
属名の Lupinus はラテン語の「lupus(オオカミ)」からきている。どんな土地にも育つ逞しさから名づけられたものである。 種小名の polyphyllus は「多葉の」という意味である。 和名の由来は、マメ科で藤の花とよく似た花房が立ち上ずっていく様子からきている。 ルピナス、羽団扇豆(ハウチワマメ)などの別名がある。 俳句の季語は夏である。
その他
PHOTO1撮影者:[アクアマリン http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=4079 _blank]さん/PHOTO2撮影者:[たまやま http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=10072 _blank]さん
生育地 庭植え、 原野
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 60~70センチ
分布 原産地は北アメリカ。 日本へは大正時代に渡来。 北海道では逸出したものの帰化。
名前の読み のぼりふじ
分類 マメ科 ルピナス属
学名 Lupinus polyphyllus

ノボリフジの360度画像ビューワー

ノボリフジの画像ビューワー1

ノボリフジの画像ビューワー2

ノボリフジの画像ビューワー3

ノボリフジ [昇藤]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ニワゼキショウ(ナンキンアヤメ)

    色:
    大きさ:10~20センチ
    花の特徴:花径5ミリから15ミリくらいの花を開く。 花の色は赤紫または白紫で、そこに紫色の筋が入っている。 花びら(花被片)は6枚で、中央部分が濃く彩られている。 一日花である。

  • ヤマツツジ

    色:
    大きさ:1~4m
    花の特徴:花の色は朱色のものが多いが、赤味が強いものもある。 花冠は花径4、5センチの漏斗形で、先が5つに裂ける。 裂片には丸味がある。 裂片のうち一番上のもの(上弁)には、濃い斑点がある。 雄しべは5本あり、長く伸びて先が上に曲がる。 白っぽい花粉は数珠のようにつながり、虫に運ばれやすいようになっている。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ