文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ [白山一華]

  • ハクサンイチゲ
  • ハクサンイチゲ
花の色
開花時期 6月 7月 8月
花の特徴
茎先の苞葉(芽や蕾を包んでいる葉)の真ん中から数本の柄を出し、花径3、4センチの白い花をつける。 5枚から7枚の花びらのように見えるのは萼である。 花の真ん中には黄色い雄しべが密集し、緑色の雌しべとコントラストをなす。
葉の特徴
根際から生える葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、小葉は手のひら状に裂ける。 茎の中ほどに生える葉は、深く裂けて線状となる。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
この花について
属名の Anemone はギリシャ語の「anemos(風)」からきている。 種小名の narcissiflora は「Narcissus(スイセン属)のような花の」という意味である。 変種名の nipponica は「日本の」という意味である。
その他
和名の由来は、石川県の白山で発見されたことからきている。 日本アルプスのお花畑に普通に生え、代表的な高山植物として親しまれている。
生育地 亜高山や高山の湿り気のある草原や砂礫地
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~40センチ
分布 日本固有種。 北海道から本州の中部地方にかけて分布
名前の読み はくさんいちげ
分類 キンポウゲ科 イチリンソウ属
学名 Anemone narcissiflora var. nipponica

ハクサンイチゲ [白山一華]

今咲いている花

7月に咲く花

  • サンパチェンス・コロナ

    色: オレンジ
    大きさ:40~80cm
    花の特徴:花径は6cm程度で、濃い赤みのある鮮やかなオレンジの花が特徴。

  • ハクサンチドリ

    色:
    大きさ:10~40センチ
    花の特徴:茎先に紅紫色の花を10輪くらいつける。 花の左右に羽を広げたように見えるのは側萼片とよばれる部分である。 花の上部では上萼片と側花弁が合わさって帽子のように見える。 花の下部にあるのは唇弁で、円形をしており先が尖る。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ