文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン)

ハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン) [白山沙参]

誕生花
-月 -日
花言葉
ハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン)
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 7月8月
花の色
名前の読み はくさんしゃじん(たかねつりがねにんじん)
分布 日本固有種。
北海道から本州の中部地方にかけて分布
生育地 高山や亜高山の草地や礫地
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~60センチ
分類 キキョウ科 ツリガネニンジン属
学名 Adenophora triphylla var. hakusanensis
花の特徴
花は淡い青紫色をした鐘形で、数輪ずつ輪生する。
花の色は濃いものや薄いものがある。
花冠の先はやや広がり、雌しべの花柱が長く突き出る。
葉の特徴
葉は披針形で、3~5枚が輪生する。
葉の縁には尖ったぎざぎざ(鋸歯)がある。
下部につく葉は開花時期には枯れる。
よく似た姫沙参(ヒメシャジン)や深山沙参(ミヤマシャジン)の葉は互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Adenophora はギリシャ語の「adenos(腺)+phoreo(有する)」からきている。植物体全体に乳液を出す腺細胞があることから名づけられた。
種小名の tripylla は「3枚の葉の」という意味である。
変種名の hakusanensis は「(石川県の)白山の」という意味である。
その他
分類上は釣鐘人参(ツリガネニンジン)の高山型の変種とされている。
和名の由来は、最初の発見地である白山の名を冠したものである。
別名を高嶺釣鐘人参(タカネツリガネニンジン)ともいう。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「ハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン)」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
7月8月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!