文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ハクサンチドリ

ハクサンチドリ [白山千鳥]

  • ハクサンチドリ
  • ハクサンチドリ
花の色
開花時期 6月 7月 8月
花の特徴
茎先に紅紫色の花を10輪くらいつける。 花の左右に羽を広げたように見えるのは側萼片とよばれる部分である。 花の上部では上萼片と側花弁が合わさって帽子のように見える。 花の下部にあるのは唇弁で、円形をしており先が尖る。
葉の特徴
葉は5センチから15センチの細長い形で、3枚から6枚が互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Orchis は、ギリシャ語の「orchis(睾丸)」からきている。塊根の形が丸いことを表したものである。 種小名の aristata は「芒(のぎ)のある」という意味である。
その他
石川・岐阜両県にまたがる白山に多く、千鳥の飛ぶ姿に似ていることからこう名づけられた。 俳句では「白山千鳥」や「千鳥草」が夏の季語である。
生育地 亜高山や高山の草原や湿原
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~40センチ
分布 北海道から本州の中部地方にかけて分布。 海外では、中国やアラスカにも分布。
名前の読み はくさんちどり
分類 ラン科 ハクサンチドリ属
学名 Orchis aristata

ハクサンチドリ [白山千鳥]

今咲いている花

5月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ