文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ハクホウナズナ(キタダケナズナ)

ハクホウナズナ(キタダケナズナ) [白鳳薺]

  • ハクホウナズナ(キタダケナズナ)
名前の読み はくほうなずな(きただけなずな)
分類 アブラナ科 イヌナズナ属
学名 Draba kitadakensis

ハクホウナズナ(キタダケナズナ) [白鳳薺]

今咲いている花

2月に咲く花

  • デージー

    色: その他
    大きさ:10~20cm
    花の特徴:花茎の先に頭状花が1つだけつく。 野生種は一重の白花だったが、園芸品種には重弁のものが多く花色も多彩である。花の真ん中には黄色い筒状花が集まる。 その周りを舌状花が取り囲む。日を受けると花開き、曇りの日や夜は閉じる。舌状花は雌性である。筒状花は4つから5つに裂け、色は黄色い。

  • ショカツサイ

    色:
    大きさ:30~50センチ
    花の特徴:茎先から花柄を伸ばしていくつかの花をつける。 花の色は淡い紫色で、4弁花である。 雄しべと雌しべは黄色い。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ