文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ハクモクレン

ハクモクレン [白木蓮]

  • ハクモクレン
  • ハクモクレン
花の色
開花時期 3月 4月
誕生花
4 月 13日
花言葉
自然への愛
花の特徴
花の展開に先立って花を咲かせる。 花は白くて大形で、よい香りがする。 外見は花びらが9枚あるように見えるが、花弁は6枚、萼片が3枚である。 雄しべはたくさんあり、真ん中に雌しべが1本ある。 花は日が当たると開き、夕方には閉じる。 よく似ているのが辛夷(コブシ)だが、辛夷(コブシ)はやや花が小さい。
葉の特徴
葉は大形(長さ10~18センチ)の倒卵形で、互い違いに生える(互生)。 葉には短い柄があり、先は尖らない。 葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。 質は分厚く、表面は濃い緑色、裏面には脈上に微毛が生える。
実の特徴
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
この花について
属名の Magnolia はフランスの植物学者「マニョルさん(P. Magnol)」の名にちなむ。 種小名の heptapeta は「七弁の」という意味である。
その他
漢字では「白木蘭」とも書く。 俳句では、「白木蓮」や「白蓮」が春の季語である。
生育地 庭木、 公園樹
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 5~15メートル
分布 原産地は中国 日本へは古い時代に渡来
名前の読み はくもくれん
分類 モクレン科 モクレン属
学名 Magnolia heptapeta

ハクモクレン [白木蓮]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ハマナデシコ

    色:
    大きさ:20~50センチ
    花の特徴:茎先に集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、花径15ミリくらいの紅紫色の5弁花をたくさんつける。 花弁の先は浅く切れ込む。 萼片5枚、雄しべ10本、雌しべ1本である。

  • ガマズミ

    色:
    大きさ:2~4メートル
    花の特徴:枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、白い小さな花をたくさんつける。 花冠は直径5ミリくらいで、先は5つに裂ける。 雄しべは5本である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ