文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ハナシノブ

ハナシノブ [花忍]

  • ハナシノブ
  • ハナシノブ
花の色
開花時期 6月 7月
花の特徴
花茎を伸ばして円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)をつけ、青紫色の花を咲かせる。 花径は10~15ミリくらいで。花冠は5つに裂ける。 雄しべの黄色がアクセントになる。
葉の特徴
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。 小葉は長さ2~4センチの披針形で、先が尖る。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Polemonium は一説にギリシャ語の「polemos(戦争)」からきているとされる。 種小名の kiushianum は「九州の」という意味である。
その他
日本固有種。 環境省のレッドデータリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧ⅠA類(CR)に登録されている。 和名は葉の形をシダ植物の忍(シノブ)にたとえたものである。
生育地 草原
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 70~100センチ
分布 九州の阿蘇
名前の読み はなしのぶ
分類 ハナシノブ科 ハナシノブ属
学名 Polemonium kiushianum

ハナシノブの動画

ハナシノブ [花忍]

今咲いている花

6月に咲く花

  • アンゲロニア(サマースナップドラゴン)

    色: ピンク
    大きさ:60~120センチ
    花の特徴:花の色は青、紫色、白、ピンクなどのものがある。 花径は1センチくらいだが、たくさんの花がつく。 花冠は5つに裂け、喉の部分には模様が入る。 花はよい香りがする。

  • ハコネウツギ

    色: ピンク
    大きさ:3~5メートル
    花の特徴:葉の脇にラッパ形で先が5つに裂けた花を1輪から3輪くらいずつつける。 花の色ははじめは白で、それが薄いピンクから紅色へと変化する。 ただし、白花のものやはじめからピンクのものもある。 花冠のつけ根には棍棒状の蜜腺がある。 萼片は5枚である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ