文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ハナシノブ

ハナシノブ [花忍]

  • ハナシノブ
  • ハナシノブ
花の色
開花時期 6月 7月
花の特徴
花茎を伸ばして円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)をつけ、青紫色の花を咲かせる。 花径は10~15ミリくらいで。花冠は5つに裂ける。 雄しべの黄色がアクセントになる。
葉の特徴
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。 小葉は長さ2~4センチの披針形で、先が尖る。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Polemonium は一説にギリシャ語の「polemos(戦争)」からきているとされる。 種小名の kiushianum は「九州の」という意味である。
その他
日本固有種。 環境省のレッドデータリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧ⅠA類(CR)に登録されている。 和名は葉の形をシダ植物の忍(シノブ)にたとえたものである。
生育地 草原
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 70~100センチ
分布 九州の阿蘇
名前の読み はなしのぶ
分類 ハナシノブ科 ハナシノブ属
学名 Polemonium kiushianum

ハナシノブの動画

ハナシノブ [花忍]

今咲いている花

5月に咲く花

  • スノーフレーク

    色:
    大きさ:40センチ
    花の特徴:花茎の先に鈴蘭(スズラン)に似た純白の花を5、6輪つける。 花は鐘形で垂れ下がり白色であるが、花弁の先端には緑色の斑点があるのが特徴である。

  • ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)

    色: オレンジ ピンク
    大きさ:30~60センチ
    花の特徴:枝分かれをした茎先に、花径4センチから6センチくらいの大きな花をつける。 花の色は橙色が基本だが、白や黄色、赤、桃色などのものもある。 花びらは4枚で、扇のような形をしている。 はじめは2枚の萼片に包まれているが、開花すると萼片は脱落する。 花は昼間は水平に開き、暗くなると閉じる。 雄しべはたくさんある。 雌しべは1本で、花柱は4つに裂ける。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ