文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ハハコグサ

ハハコグサ [母子草]

  • ハハコグサ
  • ハハコグサ
花の色
開花時期 4月 5月 6月
誕生花
3 月 1日
花言葉
無償の愛
花の特徴
黄色い小さな花がつぶつぶになって固まって咲く。 花(頭花)は真ん中にある筒状の両性花と、周りにある糸状の雌花からなる。
葉の特徴
葉はへら形で、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
この花について
属名の Gnaphalium はギリシャ語の「gnaphallon(フェルト)」からきている。 種小名の affine は「近似の」という意味である。
その他
春の七草の一つ御形(ゴギョウ・オギョウ)はこの花のことである。 若い葉や茎は食べられる。 今の草餅の材料は蓬(ヨモギ)だが、以前は母子草(ハハコグサ)が使われていたという。 全体にビロード状の白い綿毛がある。 和名の由来であるが、全体を覆う白い綿毛が「ほおけ立つ」ことから、かつてはホオコグサと呼ばれていた。それがハハコグサに変化したという。俳句の季語は春である。

花ニュース「春の七草を楽しもう!」
http://blog.minhana.net/2013/01/post-422.html
生育地 人里の道ばた
植物のタイプ 越年草
大きさ・高さ 10~30センチ
分布 日本各地。 海外では、東アジアからインドにかけて分布。
名前の読み ははこぐさ
分類 キク科 ハハコグサ属

ハハコグサ [母子草]

今咲いている花

4月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン