文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ハマナデシコ

ハマナデシコ [浜撫子]

  • ハマナデシコ
  • ハマナデシコ
  • ハマナデシコ
花の色
開花時期 6月 7月 8月 9月 10月 11月
花言葉
陽気な恋 , 純愛 , 無邪気 , 大胆
花の特徴
茎先に集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、花径15ミリくらいの紅紫色の5弁花をたくさんつける。 花弁の先は浅く切れ込む。 萼片5枚、雄しべ10本、雌しべ1本である。
葉の特徴
茎につく葉は向かい合って生える(対生)。 対生する葉はつけ根の部分が合着する。 葉の質は分厚く、艶がある。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Dianthus はギリシャ語の「Dios(ジュピター)+anthos(花)」からきている。「ジュピターの花」の意味で、花の美しさを称えるて名づけられた。 種小名の japonicus は「日本の」という意味である。
その他
別名を藤撫子(フジナデシコ)という。
生育地 海岸の岩上や砂浜
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~50センチ
分布 本州から沖縄。 海外では、中国にも分布する。
名前の読み はまなでしこ
分類 ナデシコ科 ナデシコ属
学名 Dianthus japonicus

ハマナデシコの360度画像ビューワー

ハマナデシコの画像ビューワー1

ハマナデシコ [浜撫子]

今咲いている花

6月に咲く花

  • クルマバソウ

    色:
    大きさ:10~30センチ
    花の特徴:茎の上部に白い小さな花を数輪つける。 花径は3~5ミリくらいである。 花は漏斗形で、先が十字状に深く4つに裂ける。 雄しべは4本である。

  • イワカガミ

    色: ピンク
    大きさ:10~20センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、3~10輪の花を横向きにつける。 花の色は淡い紅色から白まで変異がある。 花径は10~15ミリくらいで、鐘状をしている。 花冠は5つに分かれ、その先は更に細かく裂けている。 雄しべは5本で、真ん中に紅色の雌しべの柱頭が1本ある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ