文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ハンゲショウ

ハンゲショウ [半夏生]

誕生花
7月 1日
花言葉
内に秘めた情熱内気
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 6月7月8月
花の色
名前の読み はんげしょう
分布 本州から沖縄
海外では、朝鮮半島、中国、フィリピンなどにも分布する。
生育地 水辺や湿地 観賞用として庭園などに植えられる。
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 69~199センチ
分類 ドクダミ科 ハンゲショウ属
学名 Saururus chinensis
花の特徴
上部の葉の脇から長さ10~15センチくらいの穂のような形をした総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花には花弁も萼片もない。
雌しべが4つに分かれ、そのまわりに6本の雄しべがある。
花序ははじめは垂れているが、開花につれて立ち上がる。
また、花期になると上部の葉の表面が白く変色する。
このため「半化粧」の文字を充てたり、片白草(カタシログサ)と呼ばれたりもする。
花期に葉が白くなるのは、虫媒花なので虫を誘うためである。
花期が終わると葉の色は緑色になる。
葉の特徴
葉は長い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
実の特徴
この花について
その他
「半夏生」というのは雑節の一つで、夏至から11日目のことを言う。
このころに花をつけるというのが名の由来である。
  • 花をまわして見る
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「ハンゲショウ」に関連する花を見る

同じドクダミ科に属する花

開花時期が同じ花
6月7月8月
同じ月の誕生花
7月の誕生花一覧

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!