文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヒイラギソウ

ヒイラギソウ [柊草]

  • ヒイラギソウ
名前の読み ひいらぎそう
分類 シソ科 キランソウ属
学名 Ajuga incisa

ヒイラギソウ [柊草]

今咲いている花

7月に咲く花

  • セイヨウノコギリソウ(ヤロウ)

    色: ピンク
    大きさ:50~100センチ
    花の特徴:茎先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、たくさんの花(頭花)をつける。 花の色は白いものが多いが、ピンクや赤のものもある。 舌状花は5枚で、ほぼ円形となって先が浅く3つに裂ける。

  • イモカタバミ(フシネハナカタバミ)

    色:
    大きさ:10~30センチ
    花の特徴:花茎の先に十数個の花が散形につく。 花弁は5枚である。 花の色は濃い紅紫色で、濃い紅色の筋が入る。 花の真ん中も濃い紅色をしている。 雄しべの葯の色は黄色い。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ