文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヒカゲツツジ

ヒカゲツツジ [日陰躑躅]

  • ヒカゲツツジ
  • ヒカゲツツジ
花の色
開花時期 4月 5月
花言葉
節制
花の特徴
"花の色は淡い黄白色で、ツツジの仲間ではめずらしい。 枝先に2輪から4輪の花をつける。 花径は3、4センチの漏斗形で、先が5つに裂ける。 雄しべは10本である。"
葉の特徴
"葉は細長い楕円形で先が尖り、互い違いに生える(互生)。 葉の表面は濃い緑色、裏面は淡い黄緑色で毛が生える。"
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
生育地 山地の崖や谷沿いなどやや日当たりの悪い場所
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~2メートル
分布 "日本固有種 本州の関東地方から九州"
名前の読み ひかげつつじ
分類 ツツジ科 ツツジ属
学名 Rhododendron keiskei

ヒカゲツツジ [日陰躑躅]

今咲いている花

4月に咲く花

  • ダイアンサス(ナデシコ)

    色: ピンク
    大きさ:15~60センチ
    花の特徴:花は頂生であるが、単生するか、集散あるいは散形花序などにつき、種によってさまざまである。

  • ユキモチソウ

    色:
    大きさ:15~30センチ
    花の特徴:葉の間から肉穂花序を立て、紫褐色の仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)をつける。 仏炎苞の外側には白い縦の筋が入り、内側は黄白色である。 真ん中に白い棍棒のような形で先が丸くふくれた付属体がある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン