文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヒゴタイ

ヒゴタイ [肥後体]

誕生花
-月 -日
花言葉
実らぬ恋
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 7月8月9月
花の色
名前の読み ひごたい
分布 愛知、岐阜、広島の各県と九州の限られた地域
海外では、朝鮮半島の南部にも分布
生育地 山地の草原
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ "1年目で15センチ~20センチくらい、2年目で30センチ~40センチくらい
分類 キク科 ヒゴタイ属
学名 Echinops setifer
花の特徴
瑠璃色の小さな筒状の花が集まって、花径5センチほどのボールのような花を咲かせる。
葉の特徴
葉は縁に棘があり、羽状に切れ込む。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
この花について
日本が大陸と地続きだったころから分布する植物と言われ、植物地理学上貴重な存在である。
阿蘇の草原に咲くものがよく知られている。
貝原益軒の「大和本草」にも登場し、江戸時代の中期から栽培されていたことがわかる。
環境省のレッドリスト(2007)では、絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
近縁の栽培種として、ヨーロッパ原産の瑠璃玉薊(ルリタマアザミ)がある。
その他
  • 花をまわして見る
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2
  • 花を動画で見る

「ヒゴタイ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
7月8月9月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!