文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヒナゲシ(グビジンソウ)

ヒナゲシ(グビジンソウ) [雛罌粟]

  • ヒナゲシ(グビジンソウ)
  • ヒナゲシ(グビジンソウ)
花の色 ピンク
開花時期 4月 5月
誕生花
8 月 3日
花言葉
贅沢
花の特徴
花径は5センチから6センチくらいである。 花の色は紅色、ピンク、白、絞りなどである。 原種は4弁花だが、園芸品種には八重のものが多い。 花びらには紙を揉んだような皺がある。
葉の特徴
根際から生える葉は、羽状に深く裂けている。 茎には葉はつかない。
その他
日本へは桃山時代に中国を経由して渡来した。 アイスランドポピーとよく似ているが、雛罌粟(ヒナゲシ)のほうが小さ目である。 別名を虞美人草(グビジンソウ)という。 これは中国で絶世の美女とされた虞美人に例えたものである。 「アマポーラ」「コクリコ」と呼ぶこともある。
植物のタイプ 一年草
大きさ・高さ 59~199センチ
分布 原産地は南ヨーロッパ
名前の読み ひなげし(ぐびじんそう)
分類 ケシ科 ケシ属
学名 Papaver rhoeas

ヒナゲシ(グビジンソウ)の動画

ヒナゲシ(グビジンソウ) [雛罌粟]

今咲いている花

4月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン