文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ヒビスクス・リリイフロルス(ハイビスカス)

ヒビスクス・リリイフロルス(ハイビスカス) [ヒビスクス・リリイフロルス]

  • ヒビスクス・リリイフロルス(ハイビスカス)
名前の読み ひびすくす・りりいふろるす(はいびすかす)
分類 アオイ科 フヨウ属
学名 Hibiscus liliiflorus

ヒビスクス・リリイフロルス(ハイビスカス) [ヒビスクス・リリイフロルス]

今咲いている花

5月に咲く花

  • ヒルガオ

    色:
    花の特徴:花径5~6センチくらいの淡い紅色をした漏斗形の花を咲かせる。 名前は昼間に花が開くことからきているが、場所によっては朝のうちから開花している。 夕方にはしぼんでしまう一日花である。

  • ウラシマソウ

    色:
    大きさ:40~50センチ
    花の特徴:茎先に肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出す。 花序は仏炎苞(サトイモ科の肉穂花序に見られる花序を被う大形の苞)に覆われている。 仏炎苞の名は、仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたものである。 仏炎苞の色は暗い紫色である。 また、花序から付属体が細長いひも状に伸び上がり、途中から垂れ下がるのが特徴である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ