文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヒメシャラ

ヒメシャラ [姫沙羅]

  • ヒメシャラ
  • ヒメシャラ
花の色
開花時期 6月 7月 8月
花言葉
愛らしさ
花の特徴
葉の脇に花径2センチくらいの小さな白い花をつける。 花弁と萼片は5枚ずつある。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。 葉の縁には低いぎざぎざ(鋸歯)があり、葉の両面に毛が疎らに生える。
実の特徴
花の後にできる実は硬いさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、10月から11月ころに熟して5つに裂ける。
この花について
夏椿(ナツツバキ)は別名を沙羅の木(シャラノキ)という。 それよりも花も葉も小さいというのが名の由来である。 材は器具材、彫刻材などに利用される。
生育地 山地
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 5メートル~10メートル
分布 日本固有種 本州の神奈川県から九州
名前の読み ひめしゃら
分類 ツバキ科 ナツツバキ属
学名 Stewartia monadelpha

ヒメシャラ [姫沙羅]

今咲いている花

4月に咲く花

  • スギ(オモテスギ)

    色:
    大きさ:30~40m
    花の特徴:高さ30-40mの常緑高木。樹皮は赤褐色-暗赤褐色で縦に裂け、薄くはがれる。枝はふつう斜上し、密に分枝する。

  • オーニソガラム

    色:
    大きさ:10~90センチ
    花の特徴:花は散房または総状花序をなすが、下部の花の花柄が伸びた散房状の総状花序をなす場合が多い。 花被片は6個、分離して開出する。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン