文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヒメジョオン

ヒメジョオン [姫女苑]

  • ヒメジョオン
  • ヒメジョオン
花の色
開花時期 6月 7月 8月 9月 10月
誕生花
11 月 18日
花言葉
素朴で清楚
花の特徴
茎先に花径2センチくらいの花(頭花)をたくさんつける。 真ん中に黄色い筒状花があり、周りに白くて細い舌状花がつく。 舌状花は淡い紅紫色を帯びるものもある。
葉の特徴
茎につく葉は幅の狭い被針形で、互い違いに生える(互生)。 葉は先が尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。 葉のつけ根は茎を抱かない。
その他
日本へは明治維新前後に渡来した。 当初は柳葉姫菊(ヤナギバヒメギク)と名づけて珍重にされたらしい。 今日では日本全土の道端や野山に広がり、 亜高山帯にまで入り込んでいる。
植物のタイプ 越年草
大きさ・高さ 39~159センチ
分布 原産地は北アメリカ
名前の読み ひめじょおん
分類 キク科 ムカシヨモギ属
学名 Erigeron annuus

ヒメジョオン [姫女苑]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ブッシュチェリー

    色:
    大きさ:2m
    花の特徴:おしべは細く、糸のような形をしている。白く小さな花を咲かせる。

  • ハクチョウソウ(ガウラ)

    色:
    大きさ:80~100センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い4弁花をつける。 花径は2~3センチである。 花の色は桃色のものもある。 一日花で、下から順に咲き上がる。 雄しべは8本である。 雌しべは1本で、柱頭は4つに裂ける。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ