文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヒメツルニチニチソウ

ヒメツルニチニチソウ [姫蔓日々草]

  • ヒメツルニチニチソウ
  • ヒメツルニチニチソウ
花の色 ピンク
開花時期 3月 4月 5月 6月 7月
花言葉
優しい思い出
花の特徴
花のつく茎が直立し、青紫色の花を咲かせる。 筒状の合弁花で、先が5つに大きく裂けている。 一日花で、日ごと新しい花に咲き変わる。 品種は多く、花の色は紫、青、ピンク、白などがあり、八重咲きもある。
葉の特徴
葉は長い楕円形で、密生して垂れ下がる。 蔓日々草(ツルニチニチソウ)と異なり、萼片に毛はない。 園芸品種には覆輪や黄金葉などいろいろある。
実の特徴
花の後にできる実は細長いさや状の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
この花について
耐寒性が強いので寒地での栽培に適し、繁殖力がある。 近縁種の蔓日々草(ツルニチニチソウ)に比べ、葉も花も小形である。 主成分のビンカミンは血圧降下作用があり、全草を薬用とする。 学名のビンカ・ミノールの名でも流通している。
生育地 庭植え 道ばた、林の中など
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~100センチ
分布 原産地はヨーロッパ中部からコーカサス 観賞用に渡来したものが野生化
名前の読み ひめつるにちにちそう
分類 キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属
学名 Vinca minor

ヒメツルニチニチソウ [姫蔓日々草]

今咲いている花

6月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ