文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ヒョウタンボク

ヒョウタンボク

  • ヒョウタンボク
花の色
花の特徴
花は初夏、はじめ白でのちに黄色にかわる。
実の特徴
果実は苦く、有毒である。
その他
情報・写真提供元:筑波実験植物園-ヒョウタンボク
豆知識
若枝は淡緑色で軟毛を密生する。古枝は灰褐色となり、樹皮は縦に裂ける。落葉低木。<br> 別名、キンギンボクともいう。観賞用として庭木や鉢植えにされることもある。名前の由来は、紅い液果が2個合着して瓢箪状になることによる。
大きさ・高さ 1.5m内外
分布 北海道・本州・四国の日当たりのよい山野
名前の読み ひょうたんぼく
分類 スイカズラ Caprifoliaceae科
学名 Lonicera morrowii A. Gray

ヒョウタンボク

今咲いている花

8月に咲く花

  • ヤマホタルブクロ

    色:
    大きさ:20~60センチ
    花の特徴:茎に垂れ下がるようにして円筒形をした薄い紅紫色の花をところどころにつける。 花の長さは4~5センチで、先が浅く5つに切れ込む。

  • スカシユリ

    色: オレンジ その他
    大きさ:30~60センチ
    花の特徴:オレンジ色で赤褐色の斑点のある花を茎先に上向きにつける。 花被片は6枚である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ