文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. フシグロセンノウ

フシグロセンノウ [節黒仙翁]

  • フシグロセンノウ
  • フシグロセンノウ
花の色 その他
開花時期 7月 8月 9月 10月
誕生花
8 月 3日
花言葉
転機
花の特徴
花弁は平らに開く。 花弁のつけ根のほうに2つずつ濃い色の鱗片がある。 雄しべは10本である。 葯(雄しべの花粉を入れる袋)は紫色である。 雌しべの花柱は5本である。 萼は筒状で、先が5つに裂ける。
葉の特徴
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。 葉の先は尖り、縁には毛が生える。
実の特徴
花の後にできる実は長い楕円形のさく果(熟すと果皮が裂開する果実)である。
その他
和名の由来は、茎の節が黒褐色であるところからきている。
生育地 林の縁や林の中
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 40センチ~80センチ
分布 日本固有種 本州の関東地方から九州
名前の読み ふしぐろせんのう
分類 ナデシコ科 センノウ属
学名 Lychnis miqueliana

フシグロセンノウ [節黒仙翁]

今咲いている花

6月に咲く花

  • アメリカテマリシモツケディアボロ

    色:
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:葉の展開した後に花をつける。 枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、半球状に白い小さな花をつける。 花序の様子はコデマリに似る。 花序径は4センチくらい、花径は1センチくらいである。 葉の色との対比が美しい。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ