文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. フデリンドウ

フデリンドウ [筆竜胆]

  • フデリンドウ
  • フデリンドウ
花の色
開花時期 4月 5月
花の特徴
茎先に青紫色の花を数輪つける。 花冠の先は5つの長い裂片と5つの短い裂片(副片という)に分かれている。 長い裂片の裏側は緑色で、日中以外は花を閉じ、緑色のところだけが外に来るようになっている。 雄しべは5本で短い。 雌しべが長く、柱頭は5つに裂けている。
葉の特徴
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。 葉の質はやや分厚く、裏面はしばしば赤紫色を帯びる。 根元から生える葉は小さくて目立たない。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。 実には柄があって花冠からやや突き出る。
その他
近縁種の春竜胆(ハルリンドウ)は根生葉がロゼット状になって目立つことや、生育地がやや湿った土地であることなどで区別する。 名の由来は、花を閉じた状態が筆の穂先を思わせることからきている。
生育地 乾いた草地や明るい林
植物のタイプ 越年草
大きさ・高さ 5~10センチ
分布 北海道から九州
名前の読み ふでりんどう
分類 リンドウ科 リンドウ属
学名 Gentiana zollingeri

フデリンドウ [筆竜胆]

今咲いている花

3月に咲く花

  • チドリノキ

    色:
    大きさ:7m
    花の特徴:低山地の谷間に生える、高さ7mほどの落葉高木。

  • ノゲシ

    色:
    大きさ:50~100センチ
    花の特徴:花径2センチくらいのタンポポに似た花をつける。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン