文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ヘクソカズラ

ヘクソカズラ [屁糞葛]

  • ヘクソカズラ
  • ヘクソカズラ
花の色
開花時期 7月 8月 9月
花の特徴
葉の脇から短い集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、白い花を疎らにつける。 花冠は長さ10ミリくらいの釣鐘形で、先は5つに裂ける。 筒部は白く、中央が紅紫色をしている。
葉の特徴
葉は楕円形ないし細めの卵形で、向かい合って生える(対生)。 葉の先は尖る。 茎は長く伸びて蔓になり、左巻きで他のもに絡む。
実の特徴
花の後には光沢のある黄褐色の実をつける。
その他
別名を灸花(ヤイトバナ)ともいう。 名の由来は、草全体がいやなにおいを放つ蔓性の植物というところからきている。 万葉の時代にも「くそかずら」の名で詠まれているが、それに「屁」もついたわけである。 灸花(ヤイトバナ)のほうは、花の中心部の形がお灸の跡に似ているところからきている。
生育地 道端や空地
植物のタイプ 多年草
分布 北海道から沖縄 海外では、朝鮮半島、台湾、中国、フィリピン、インドシナ半島、インドなどに広く分布する。
名前の読み へくそかずら
分類 アカネ科 ヤイトバナ属
学名 Paederia scandens

ヘクソカズラ [屁糞葛]

今咲いている花

4月に咲く花

  • シャリンバイ

    色:
    大きさ:1~4メートル
    花の特徴:枝先から円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い小さな花をたくさんつける。 花径は10ミリから15ミリくらいで、花びらは5枚である。 雄しべは20本くらいある。 園芸品種には淡い紅色を帯びたものもある。

  • フキ‘斑入フキ’

    色:
    花の特徴:キク科の植物

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ