文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ベニバナトキワマンサク

ベニバナトキワマンサク [紅花常盤満作]

  • ベニバナトキワマンサク
  • ベニバナトキワマンサク
花の色
開花時期 4月 5月
誕生花
4 月 29日
花言葉
私から愛したい
花の特徴
枝先に赤い花が6個から8個集まってつく。 花びらは4枚で、細長いひも状をしている。
葉の特徴
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
別名を赤花常盤満作(アカバナトキワマンサク)ともいう。
生育地 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 5~6メートル 小枝、花序、葉の裏面の脈上などに毛が生えている。
分布 原産地は中国
名前の読み べにばなときわまんさく
分類 マンサク科 トキワマンサク属
学名 Loropetalum chinense var. rubrum

ベニバナトキワマンサク [紅花常盤満作]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ブッソウゲ(ハイビスカス)

    色: オレンジ ピンク
    大きさ:2~3メートル
    花の特徴:一日花だが次々に蕾をつけて咲く。 大きな広い漏斗状の赤い5弁花で、長く突き出た蕊柱(雄しべと雌しべの合着したもの)が特徴である。 園芸品種が多く、ハイビスカスの名で親しまれている。 園芸品種は、花の色も紅色、白、桃色、黄色、橙色など多彩である。

  • ウマノアシガタ(キンポウゲ)

    色:
    大きさ:40~80センチ
    花の特徴:枝分かれをした花茎の先に1つずつ黄色い花をつける。 花弁は5枚で横に開き、光沢がある。 花の真ん中には雄しべと雌しべがたくさんある。 八重咲きのものは雄しべや雌しべが花弁に変化したものである。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ