文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ベロニカ・スピカータ

ベロニカ・スピカータ

  • ベロニカ・スピカータ
  • ベロニカ・スピカータ
  • ベロニカ・スピカータ
花の色 ピンク
開花時期 6月 7月 8月
誕生花
8 月 30日
花言葉
人のよさ , 堅固 , 貞節
花の特徴
斜上または直立した茎の先に、長さ5~10㎝の総状花序をなして鮮青色の細かな花を密につける。花色は園芸品種では白、桃、淡青等もある。
葉の特徴
葉は対生または輪生し、長楕円形から披針形の長さ約5㎝程度で葉縁に鋸歯を持つ。
実の特徴
さく果
この花について
属名は十字架を負ってゴルゴダの丘へ向かうイエス・キリストに布を差し出した聖女ベロニカに由来する。園芸品種が多く、花色の違う品種のほか、ロックガーデン向きの矮性品種もある。
生育地 庭植え、鉢植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~60センチ
分布 ヨーロッパ、北アジア原産
名前の読み べろにか・すぴかーた
分類 ゴマノハグサ科 べロニカ属
学名 Veronica spicata

ベロニカ・スピカータの360度画像ビューワー

ベロニカ・スピカータの画像ビューワー1

ベロニカ・スピカータの画像ビューワー2

ベロニカ・スピカータの画像ビューワー3

ベロニカ・スピカータ

今咲いている花

8月に咲く花

  • サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)

    色:
    大きさ:100~150センチ
    花の特徴:花の大きさは3~5センチくらいと大型で、濃い青紫色をした筒状の花をつける。

  • ハンゲショウ

    色:
    大きさ:69~199センチ
    花の特徴:上部の葉の脇から長さ10~15センチくらいの穂のような形をした総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。 花には花弁も萼片もない。 雌しべが4つに分かれ、そのまわりに6本の雄しべがある。 花序ははじめは垂れているが、開花につれて立ち上がる。 また、花期になると上部の葉の表面が白く変色する。 このため「半化粧」の文字を充てたり、片白草(カタシログサ)と呼ばれたりもする。 花期に葉が白くなるのは、虫媒花なので虫を誘うためである。 花期が終わると葉の色は緑色になる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ