文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ホオズキ

ホオズキ [酸漿]

  • ホオズキ
  • ホオズキ
花の色
開花時期 6月 7月
誕生花
7 月 7日
花言葉
自然美 , 不思議
花の特徴
葉の脇に花径1~2センチの白い五弁花を下向きにつける ナス科の仲間のピーマンや唐辛子の花とよく似ている。
葉の特徴
葉は広卵形で、互い違いに生える(互生)。 葉の縁には少数の大きなぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。 萼が著しく大きくなって袋状に実を包む。
その他
漢字では「鬼灯」とも書く。 根は鎮咳・利尿薬として利用される。生薬名を酸漿(さんしょう)という。 俳句では「酸漿」が秋の季語、「酸漿の花」は夏の季語である。
生育地 庭植え 鉢植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 30~80センチ
分布 原産地は東南アジア 日本へは古い時代に栽培用として渡来
名前の読み ほおずき
分類 ナス科 ホオズキ属
学名 Physalis alkekengi var. franchetii

ホオズキの360度画像ビューワー

ホオズキの画像ビューワー1

ホオズキ [酸漿]

今咲いている花

6月に咲く花

  • マロニエ

    色: ピンク
    大きさ:20~25メートル
    花の特徴:花は房咲きで、ややピンクを帯びた白い花とピンクの花があるという。

  • アストランティア

    色: ピンク
    大きさ:30~60cm
    花の特徴:花径2~3㎝で、長い花茎の先に数個の花をつける。小花が集まって半球状をなした複散形花序で、葉状の総苞がある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ