文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ホオノキ

ホオノキ [朴の木]

  • ホオノキ
  • ホオノキ
花の色
開花時期 5月 6月
花言葉
誠意ある友情
花の特徴
枝先に花径15センチから20センチくらいの大きなクリーム色をした杯形の花が上向きにつく。 花には強い香りがある。 花びらは8枚から9枚あり、萼片は3枚である。 中央部には、たくさんの雄しべと雌しべが集まって円錐状についている。
葉の特徴
葉は互い違いに生え、倒卵形といって卵を逆さにしたような長い楕円形で、長さは20センチから50センチくらいになる。 これは日本産の広葉樹の中で最も大きい。 古代には食物を盛る器として用いられた。 現在でも、朴葉味噌などで知られている。 葉の表面は緑色、裏面は灰白色を帯びた緑色である。 葉の周りにぎざぎざ(鋸歯)はなく、波打ったようになる。
実の特徴
実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)がたくさん集まった集合果で、落葉のころに赤く熟する。
その他
材は狂いが少なく、寄木や彫刻、下駄の歯、家具などに用いられている。 俳句では「朴の花」が夏の季語である。
生育地 山地など
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 15~30メートル 幹の太さも100センチから150センチくらいになる。 幹は真っ直ぐに伸び、枝も上方に伸びる。 樹皮は灰白色をしている。
分布 北方領土を含む北海道から九州にかけて分布。 海外では、朝鮮半島、中国にも分布。
名前の読み ほおのき
分類 モクレン科 モクレン属
学名 Magnolia obovata

ホオノキ [朴の木]

今咲いている花

8月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ