文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ホルムショルディア・テッテンシス

ホルムショルディア・テッテンシス

  • ホルムショルディア・テッテンシス
名前の読み ほるむしょるでぃあ・てってんしす
分類 クマツヅラ科 ホルムショルディア属
学名 Holmskioldia tettensis

ホルムショルディア・テッテンシス

今咲いている花

4月に咲く花

  • ハンカチノキ

    色:
    大きさ:3~20メートル
    花の特徴:白いハンカチのように見えるのは2枚の苞(葉の変形したもの)である。 苞は初めは黄緑色で、だんだん大きくなって白くなる。 この苞に包まれてつけ根の部分に花のかたまりがある。

  • ライラック(リラ)

    色:
    大きさ:4~7m
    花の特徴:先が4裂した花径1センチくらいの筒状花を密生して円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)をつくる。 花序の長さは10センチから20センチくらいである。 雄しべや雌しべは花冠より短い。 丁香花(ハシドイ)のほうは花の外に突き出ている。 多くの園芸品種が作出されていて、一重咲き、八重咲きのそれぞれに白、淡青色、濃紫色がある。 香りがよく、香水の原料ともされる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン