文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ボタンクサギ(クレロデンドルム・ブンゲイ)

ボタンクサギ(クレロデンドルム・ブンゲイ) [牡丹臭木]

誕生花
-月 -日
花言葉
恥じらい清楚
ボタンクサギ(クレロデンドルム・ブンゲイ)
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 7月8月9月10月11月
花の色
名前の読み ぼたんくさぎ(くれろでんどるむ・ぶんげい)
分布 原産地は中国南部からインド北部
生育地 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~2メートル
分類 クマツヅラ科 クサギ属
学名 Clerodendrum bungei
花の特徴
枝先や上部の葉の脇から集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い紅紫色の花をたくさんつける。
花冠は5つに裂け、裂片は横に開く。
雄しべ4本と雌しべ1本が花の外に突き出ている。
葉の特徴
枝葉に強い臭気があるが、切ったり揉んだりしなければ大丈夫である。
葉は幅の広い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には不揃いなぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
この花について
その他
ヒマラヤ臭木(ヒマラヤクサギ)の別名もある。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「ボタンクサギ(クレロデンドルム・ブンゲイ)」に関連する花を見る

同じクマツヅラ科に属する花

開花時期が同じ花
7月8月9月10月11月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!