文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. マスデバリア

マスデバリア [マスデバリア]

  • マスデバリア
  • マスデバリア
花の色 オレンジ その他
開花時期 4月 5月 6月 7月
誕生花
5 月 19日
花言葉
想いやり
花の特徴
花茎の多くは直立し、先端に花をつける。 花は側萼片のみ大きく発達し、基部は合着して杯状を呈し、先端は長く尾状となる。
葉の特徴
おおむねへら状を呈し、肉の厚い革質で、軸状の葉柄を有する。
その他
標高1500~3000mにある雲霧林の樹幹、岩石、倒木などに着生する。 高山の冷涼な環境を好む為、暑さと乾燥に弱い。
生育地 冷涼な高山等
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~25センチ
分布 熱帯アメリカのアンデス山系を中心とした中央。 南アメリカ地域。
名前の読み ますでばりあ
分類 ラン科 マスデバリア属
学名 Masdevallia Ruiz et Pav

マスデバリアの360度画像ビューワー

マスデバリアの画像ビューワー1

マスデバリア [マスデバリア]

今咲いている花

6月に咲く花

  • カラー

    色: ピンク
    大きさ:80~100センチ
    花の特徴:仏炎苞の中央には、苞より短い肉穂花序が突き出ている。 花は単性で、花被を欠く。二度咲きする。

  • メキシコマンネングサ

    色:
    大きさ:10~20センチ 茎や葉には赤味はない。
    花の特徴:花径12ミリくらいの小さな黄色の花がぎっしりと咲く。 花弁は5枚で平開する。 雄しべは10本である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ