文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. マツバウンラン

マツバウンラン [松葉海蘭]

  • マツバウンラン
  • マツバウンラン
花の色
開花時期 4月 5月
花言葉
喜び , 輝き
花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、唇形をした青紫色の小さな花をつける。 花冠は上下に深く2つに裂ける。 花径は1センチくらいである。 雄しべは4本あり、そのうちの2本が長い。 雌しべは1本である。
葉の特徴
葉は線形で先が尖る。 茎に下部では向かい合って生える(対生)か、3~4枚が輪生する。 茎の上部では、疎らに互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
和名の由来は、花が海蘭(ウンラン)に似て、葉が「松葉」のように細いことからきている。
生育地 道端や芝生など
植物のタイプ 越年草
大きさ・高さ 10~60センチ
分布 原産地は北アメリカ 本州から九州にかけて帰化
名前の読み まつばうんらん
分類 ゴマノハグサ科 ウンラン属
学名 Linaria canadensis

マツバウンラン [松葉海蘭]

今咲いている花

7月に咲く花

  • サンカヨウ

    色:
    大きさ:30~60センチ
    花の特徴:花は茎の先に3輪から15輪くらいまとまってつく。 白い花びらは6枚あり、花径は2センチくらいである。 花の中央に黄色の雄しべと黄緑色の雌しべがある。 葉と合わせて色のコントラストが美しい。 ただし、花は散りやすく、これをとらえるのはなかなかむずかしい。

  • オオウバユリ

    色:
    大きさ:150~200センチ
    花の特徴:クリーム色をした長さ10~15センチの花が、10~20輪くらいつく。 花のつき方は総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)で、下のほうから順に咲く。 花びら(花被片)は内側と外側に3枚ずつあり、茎に対して直角につく。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ