文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ミツガシワ

ミツガシワ [三槲]

  • ミツガシワ
  • ミツガシワ
花の色
開花時期 4月 5月
花言葉
私は表現する
花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径1センチくらいの小さな白い花を10~20輪くらいつける。 花は下から順に咲いていく。 花冠は深く5つに裂け、裂片の内側には白い縮れた毛をたくさんつけている。 萼片は5枚である。 雄しべは5本、雌しべは1本である。 株によって、雄しべのほうが長い花を咲かせるものと、雌しべのほうが長い花を咲かせるものがある。 長花柱花(雌しべのほうが長い花)が結実する。
葉の特徴
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。 葉には長い柄がある。 小葉の形は卵形で、縁は波打っている。
実の特徴
花の後にできる実は丸いさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、黄赤色に熟する。
その他
ミツガシワ属には三槲(ミツガシワ)1種のみしか存在しない。 いわゆる氷河期の遺存植物の1つと言われている。 和名の由来は、3枚ある葉の形が「柏の葉」に似ている、あるいは家紋の「三柏」に似ているというところからきている。 「丸に三柏」の家紋は山内一豊が用いたものである。 葉には苦味成分が含まれ、生薬で睡菜(すいさい)といって江戸時代には健胃薬として用いられたという。 別名を水半夏(ミズハンゲ)という。
生育地 山地や低地の沼地や湿地
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 15~40センチ
分布 北方領土を含む北海道から九州にかけて分布。 海外では、北半球に広く分布し、「極地周辺植物」といわれるものの1つである。
名前の読み みつがしわ
分類 ミツガシワ科 ミツガシワ属
学名 Menyanthes trifoliata

ミツガシワ [三槲]

今咲いている花

7月に咲く花

  • ミソハギ

    色:
    大きさ:1メートル
    花の特徴:茎先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、花径15ミリくらいの紅紫色の花を穂状につける。 花弁は6枚で、皺がよっている。 雄しべは12本で、そのうちの6本が長い。 萼は筒状で先は6つに裂け、裂片の間には針状の付属片がある。

  • シレネ・サクラコマチ

    色: ピンク
    花の特徴:淡いピンク色の5弁花が10輪程まとまって咲く。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ