文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ミツマタ

ミツマタ [三椏]

誕生花
3月 20日
花言葉
肉親の絆
ミツマタ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 2月3月4月
花の色
名前の読み みつまた
分布 原産地は中国の南部
日本へは室町時代に渡来
四国や九州では野生化
生育地 庭木 山野
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~2メートル
分類 ジンチョウゲ科 ミツマタ属
学名 Edgeworthia papyrifera
花の特徴
葉の展開に先立って花をつける。
沈丁花(ジンチョウゲ)と同じように花には花弁がなく、花弁のように見えるのは萼片である。
花にはよい香りがあり、黄色い色をしている。
花はボンボンのように密集しているが、よく見ると4枚の萼片を持つ花の集まりである。
葉の特徴
葉は細長い楕円形で、互生(互い違いに生える)。
葉の表面は鮮やかな緑色で、裏面には毛が密生する。
実の特徴
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
この花について
その他
三椏(ミツマタ)という和名の由来は、枝が3つに分かれるところからきている。
沈丁花(ジンチョウゲ)の仲間とは思いにくいが、沈丁花(ジンチョウゲ)も枝が3つに分かれるし、花の形もよく似ている。
中国名は「黄瑞香」という。
俳句では「三椏の花」が春の季語である。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2
  • もっと見る

「ミツマタ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
2月3月4月
同じ月の誕生花
3月の誕生花一覧

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!