文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ムスカリ

ムスカリ

  • ムスカリ
  • ムスカリ
花の色
開花時期 3月 4月 5月
誕生花
2 月 26日
花言葉
通じ合う心
花の特徴
葉のない花茎に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、鮮やかな青紫色で、ヒアシンスを小形にしたような花をたくさんつける。 花の形は壷形で、先が少し反り返る。
葉の特徴
根際から映える葉は線形で多肉質ある。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
分類体系によってはヒアシンス科とされる。 ムスカリは属名である。 アルメニアクム種がポピュラーである。 英名はグレープヒヤシンス(grape hyacinth)である。 これは、小さな花が密集する様子をブドウの房にたとえたものである。 属名は、ギリシャ語で麝香(じゃこう)を意味する moschos(ムスク)に由来する。
生育地 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~30センチ
分布 原産地は西アジア
名前の読み むすかり
分類 ユリ科 ムスカリ属
学名 Muscari armeniacum

ムスカリの360度画像ビューワー

ムスカリの画像ビューワー1

ムスカリ

今咲いている花

4月に咲く花

  • カルセオラリア

    色: オレンジ
    大きさ:30~45センチ
    花の特徴:不規則な集散花序につく。萼片は4個。 花冠は黄色で、時に紅紫色などの斑点が入り、2唇に分かれ嚢状である。 上唇は小さく、いくらか袋状になる。下唇は大きくふくらみ、巾着状の袋になっている。 雄しべは2個、花柱は短い。

  • ヤマシャクヤク

    色:
    大きさ:40~50cm
    花の特徴:茎の先に花径4~5センチの白い美しい花を上向きに1個つける。 花びらは5~7枚で、中心にたくさんの雄しべと2~4本の雌しべがある。 雌しべの赤い部分(柱頭)はやや曲がっている。 花びらは雄しべや雌しべを抱えるように咲く。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン