文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヤエザキクサノオウ(ハナガサギク)

ヤエザキクサノオウ(ハナガサギク) [八重咲き草の王]

  • ヤエザキクサノオウ(ハナガサギク)
名前の読み やえざきくさのおう(はながさぎく)
分類 ケシ科 クサノオウ属
学名 Chelidonium majus 'Flore Pleno'

ヤエザキクサノオウ(ハナガサギク) [八重咲き草の王]

今咲いている花

7月に咲く花

  • オオバギボウシ(トウギボウシ)

    色:
    大きさ:50~100センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、下から順に開花する。 花の色は白ないし淡い紫色で、やや下向きに咲く。 一日花で、朝咲いて午後にはしぼむ。

  • マーガレット(モクシュンギク)

    色: ピンク
    大きさ:50~150センチ
    花の特徴:白い可憐な花を咲かせる。 中央の管状花は黄色である。 花径は5センチくらいである。 次々に花を咲かせて長く楽しめることから、広く親しまれて身近な花になった。 現在では、春菊(シュンギク)と交配して作りだされた黄色の花や桃色の花もある。 また、一重咲き、八重咲きと形状もさまざまである。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ