文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヤナギハナガサ(サンジャクバーベナ)

ヤナギハナガサ(サンジャクバーベナ) [柳花笠]

  • ヤナギハナガサ(サンジャクバーベナ)
  • ヤナギハナガサ(サンジャクバーベナ)
花の色
開花時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
花言葉
幸運に
花の特徴
茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を散房状(花序の上部がほぼ平らになる)に出し、小さな紅紫色の花をたくさんつける。 花序径は3センチから4センチくらいである。 花径は3ミリから5ミリくらいの筒状花で、長さは1センチくらいあり、先が5つに裂ける。 花冠の外側には白い開出毛(ほぼ垂直に立っている毛)が生える。
葉の特徴
葉は幅の広い線形で、向かい合って生える(対生)。 葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、つけ根の部分は茎を抱く。
実の特徴
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
その他
和名の由来は、花序を「花笠」にたとえ、細い葉を「柳」にたとえたものである。 学名のバーベナ・ボナリエンシスで表示するものもある。 流通名を三尺バーベナ(サンジャクバーベナ)という。 主に切り花として流通している。
生育地 庭植え 道端や空き地など
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 50~150cm 茎は直立をする。 茎の断面は四角形で毛が生えており、中空である。
分布 原産地は中南アメリカ 日本では逸出したものが帰化
名前の読み やなぎはながさ(さんじゃくばーべな)
分類 クマツヅラ科 クマツヅラ属
学名 Verbena bonariensis

ヤナギハナガサ(サンジャクバーベナ) [柳花笠]

今咲いている花

4月に咲く花

  • エンドウ(グリーンピース)

    色:
    大きさ:1~3メートル
    花の特徴:白や赤紫色などの蝶形の花を咲かせる。

  • シュンラン(ジジババ)

    色:
    大きさ:10~25センチ
    花の特徴:花茎の先に普通は1つ、稀に2つの花を横向きにとける。 花の色は淡い黄緑色である。 花びらは6枚あるように見えるが、3枚は萼片である。 垂れ下がる唇弁には紫色の斑点がある。 稀に斑点のないものがあり、素心と呼ばれる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン