文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ヤマウグイスカグラ

ヤマウグイスカグラ

  • ヤマウグイスカグラ
開花時期 3月 4月 5月
花の特徴
落葉低木で高さ3mに達する。枝は中身で白色の髄がある。葉柄や花柄とともに毛を散生し時に腺毛も混じることもある。花冠は漏斗状で下垂し長さ12-20mmで濃い紅色。液果は紅熟し広楕円形で長さ10-15mm。染色体数2n=36.
この花について
果実は食用できる。
その他
情報・写真提供元:筑波実験植物園-ヤマウグイスカグラ
大きさ・高さ 3m
分布 本州(中西部)・四国・九州
名前の読み やまうぐいすかぐら
分類 スイカズラ Caprifoliaceae科
学名 Lonicera gracilipes Miq. var. gracilipes

ヤマウグイスカグラ

今咲いている花

5月に咲く花

  • アネモネ・ポルト

    色:
    大きさ:20~40cm
    花の特徴:直径は8cmほど。

  • アサザ

    色:
    大きさ:5~10センチ
    花の特徴:縁が糸状に裂けてフリルのようになった黄色い花を花茎の先につける。 花びらは5枚あるが、花の根元はつながっており、合弁花である。 一日花で午前中に開き、夕方には閉じる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ