文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ヤマトリカブト

ヤマトリカブト [山鳥兜]

  • ヤマトリカブト
  • ヤマトリカブト
花の色
開花時期 8月 9月 10月
花言葉
騎士道 , 厭世家
花の特徴
鮮やかな青紫色をした兜形の花をたくさんつける。 花びらのように見えるのは5枚の萼片である。
葉の特徴
葉は円心形で3つから5つに深く裂け、互い違いに生える(互生)。 葉の裂片の縁には粗いぎざぎざ(鋸葉)がある。 いわゆる重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)である。
実の特徴
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
その他
和名の由来は、花の形を舞楽の時にかぶる鳥兜にたとえたものである。 また、山地に生える鳥兜なので山鳥兜(ヤマトリカブト)とされた。 全草に猛毒のアルカロイドを含み、世界最強といわれる有毒植物である。
生育地 山野
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 80~150センチ
分布 日本固有種 本州の東北地方から中部地方
名前の読み やまとりかぶと
分類 キンポウゲ科 トリカブト属
学名 Aconitum japonicum

ヤマトリカブト [山鳥兜]

同じキンポウゲ科に属する花

今咲いている花

9月に咲く花

  • キバナコスモス

    色: オレンジ
    大きさ:30~100センチ
    花の特徴:花茎の先に花径6センチくらいの花(頭花)を1輪つける。 花の色はオレンジ色ないし黄色である。 周りにつく舌状花は普通は8枚で、先が3つに切れ込む。

  • ソバナ

    色:
    大きさ:50~100センチ
    花の特徴:茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、淡い紫色をした鐘形の花を疎らにつける。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ