文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヤマトリカブト

ヤマトリカブト [山鳥兜]

  • ヤマトリカブト
  • ヤマトリカブト
花の色
開花時期 8月 9月 10月
花言葉
騎士道 , 厭世家
花の特徴
鮮やかな青紫色をした兜形の花をたくさんつける。 花びらのように見えるのは5枚の萼片である。
葉の特徴
葉は円心形で3つから5つに深く裂け、互い違いに生える(互生)。 葉の裂片の縁には粗いぎざぎざ(鋸葉)がある。 いわゆる重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)である。
実の特徴
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
その他
和名の由来は、花の形を舞楽の時にかぶる鳥兜にたとえたものである。 また、山地に生える鳥兜なので山鳥兜(ヤマトリカブト)とされた。 全草に猛毒のアルカロイドを含み、世界最強といわれる有毒植物である。
生育地 山野
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 80~150センチ
分布 日本固有種 本州の東北地方から中部地方
名前の読み やまとりかぶと
分類 キンポウゲ科 トリカブト属
学名 Aconitum japonicum

ヤマトリカブト [山鳥兜]

今咲いている花

7月に咲く花

  • ヒメツルニチニチソウ

    色: ピンク
    大きさ:20~100センチ
    花の特徴:花のつく茎が直立し、青紫色の花を咲かせる。 筒状の合弁花で、先が5つに大きく裂けている。 一日花で、日ごと新しい花に咲き変わる。 品種は多く、花の色は紫、青、ピンク、白などがあり、八重咲きもある。

  • ヤナギハナガサ(サンジャクバーベナ)

    色:
    大きさ:50~150cm 茎は直立をする。 茎の断面は四角形で毛が生えており、中空である。
    花の特徴:茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を散房状(花序の上部がほぼ平らになる)に出し、小さな紅紫色の花をたくさんつける。 花序径は3センチから4センチくらいである。 花径は3ミリから5ミリくらいの筒状花で、長さは1センチくらいあり、先が5つに裂ける。 花冠の外側には白い開出毛(ほぼ垂直に立っている毛)が生える。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ