文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヤマブキ

ヤマブキ [山吹]

  • ヤマブキ
  • ヤマブキ
花の色
開花時期 4月 5月
誕生花
4 月 9日
花言葉
気品 , 崇高 , 待ちかねる
花の特徴
花径2、3センチの黄色い花を枝先に1つずつつける。 花弁は5枚である。 雄しべはたくさんある。
葉の特徴
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。 葉の先は尾状に尖り、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。 葉の表面は鮮やかな緑色、裏面は淡い緑色である。 葉の質は薄く、全体に毛が生える。
実の特徴
花の後にできる実は楕円形のそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)で、暗い褐色に熟する。
その他
園芸品種には八重咲きのものもある。 万葉集では山振(やまぶり)とされる。 枝垂れた枝が風になびく風情を表したもので、山吹(ヤマブキ)はこれが転訛したものと考えられている。
生育地 丘陵地や山地の林の中
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1、2メートル 樹形は株立ち状となる。
分布 北海道から九州 海外では、中国大陸にも分布する。
名前の読み やまぶき
分類 バラ科 ヤマブキ属
学名 Kerria japonica

ヤマブキ [山吹]

今咲いている花

7月に咲く花

  • キキョウ(バルーンフラワー)

    色:
    大きさ:40~100センチ
    花の特徴:秋の七草の1つだが、むしろ真夏が盛りである。 花は先が5つに裂けた鐘形である。 咲き始めは、花粉のついた雄しべは雌しべの花柱にくっついている。 花柱に花粉をつけ終わると雄しべはしなびる。 花柱の花粉が昆虫に持ち去られると、先が5つに裂けて柱頭が現れる。 花の色は濃い青紫が基本だが、園芸品種には白や淡い紫、淡いピンクなどがあり、半八重咲きのものもある。

  • エレムルス

    色: オレンジ ピンク
    大きさ:50~150cm
    花の特徴:星形の花弁がたくさんついており、花穂一本あたりに300~500もの花を咲かせる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ