文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)

ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ) [夕化粧]

  • ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)
  • ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)
花の色 ピンク
開花時期 5月 6月 7月 8月 9月
花言葉
臆病
花の特徴
茎の上部の葉の脇に淡いピンクの花をつける。 花径は10ミリから15リくらいで、花びらは4枚ある。 花びらの先は丸くなっている。 花びらには濃い紅色の筋が入り、中心部は黄緑色である。 雄しべは8本あり、花粉のある葯の部分は白い。 雌しべの先端は紅色で4つに裂け、十字状になる。 名の由来は夕方から咲くことによるが、現在では昼間から咲いている。
葉の特徴
葉は互い違いに生える(互生)。 長さは3センチから5センチ、幅は1センチから2センチの広い披針形である。 葉の周りには浅いぎざぎざ(鋸歯)があり、波打っている。 根際から生える葉には不規則な切れ込みが入ることもある。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
和名の由来は夕方から咲くことによるが、現在では昼間から咲いている。 白粉花(オシロイバナ)の通称も「夕化粧」で紛らわしいため赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ)の名で区別することもある。
生育地 道端や空き地、川原
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~60cm 茎には柔らかい毛が生える。
分布 原産地は北アメリカ南部から南アメリカ 日本へは明治時代に観賞用として渡来 現在は野生化し、本州の関東地方から西に分布
名前の読み ゆうげしょう(あかばなゆうげしょう)
分類 アカバナ科 マツヨイグサ属
学名 Oenothera rosea

ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ) [夕化粧]

今咲いている花

6月に咲く花

  • キングサリ(キバナフジ)

    色:
    大きさ:5~7メートル
    花の特徴:葉の脇から房のような総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を垂れ下げ、黄色い蝶形の花をたくさんつける。 房の長さは20センチから30センチくらいにもなる。

  • ピラミッドアジサイ(アジサイ・ミナヅキ)

    色:
    大きさ:60~150cm
    花の特徴:花の色が暖地ではやや緑になり、寒冷地ではピンクになる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ