文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ユリワサビ

ユリワサビ

  • ユリワサビ
開花時期 3月 4月 5月
葉の特徴
葉をサラダや天ぷらとして食する。独特の風味がある。根茎はあまり発達しないのでワサビの代わりにはならない。
その他
情報・写真提供元:筑波実験植物園-ユリワサビ
分布 日本(北海道・本州・四国・九州)
名前の読み ゆりわさび
分類 アブラナ Brassicaceae/Cruciferae科
学名 Eutrema tenue (Miq.) Makino

ユリワサビ

今咲いている花

6月に咲く花

  • ウツギ(ウノハナ)

    色:
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い花を垂れ下げてつける。 花弁は5枚、雄しべが10本、花柱(雌しべ)は3、4本ある。 雄しべの花糸には狭い翼がある。

  • ハシドイ

    色:
    大きさ:5~12メートル
    花の特徴:枝先に大きな円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、真っ白な小さな花をたくさんつける。 花径は5ミリくらいで、花冠は深く4つに裂ける。 雄しべは2本である。 花はやがて黄色味を帯び、二色が混在するかのように見える。 花には清々しい香りがある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ