文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ユーフォルビア・マルギナタ(ハツユキソウ)

ユーフォルビア・マルギナタ(ハツユキソウ) [初雪草]

  • ユーフォルビア・マルギナタ(ハツユキソウ)
  • ユーフォルビア・マルギナタ(ハツユキソウ)
花の色
開花時期 7月 8月 9月
花言葉
好奇心 , 穏やかな生活 , 祝福
花の特徴
小さな椀状の花が散形花序に付くが、ほとんど目立たない。
葉の特徴
丸みを帯びた長楕円形の葉が放射状に付く。全縁、無柄で淡緑色であるが、上部の葉は密集して白い覆輪となる。
実の特徴
蒴果は成熟すると裂けて白黄色の種子を放出する。
この花について
英名にスノー・オン・ザ・マウンテンとあるように、夏に茎の上部が分枝して、緑の葉が白い覆輪となり、雪が積もったように見えることから初雪草と呼ばれている。学名のマルギナタは「縁取りのある」という意味である。
生育地 鉢植え、庭植え
植物のタイプ 一年草
大きさ・高さ 60~100cm
分布 北アメリカ南部原産
名前の読み ゆーふぉるびあ・まるぎなた(はつゆきそう)
分類 トウダイグサ科 ユーフォルビア属
学名 Euphorbia marginata

ユーフォルビア・マルギナタ(ハツユキソウ) [初雪草]

今咲いている花

1月に咲く花

  • ムクゲ

    色: ピンク その他
    大きさ:2~4m
    花の特徴:ハイビスカスや芙蓉(フヨウ)の仲間で一日花だが、夏の間ずっと咲き続ける。 花の色は白、ピンク、赤などで、花径6~10センチくらいの5弁花である。 江戸時代に多くの品種が開発され、基本の一重のほかに、半八重や八重の品種がある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ