文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ [四葉鵯]

  • ヨツバヒヨドリ
  • ヨツバヒヨドリ
花の色 ピンク
開花時期 7月 8月 9月
花言葉
清楚
花の特徴
キク科の花らしく筒状花が集まって咲く。 筒状花の先は5つに裂け、糸のような花柱(雌しべ)が突き出す。
葉の特徴
同属の藤袴(フジバカマ)や鵯花(ヒヨドリバナ)と花の形はよく似ているが、葉の特徴で見分けられる。 四葉鵯(ヨツバヒヨドリ)は名の通り4枚の葉が輪生する。 ただし葉の数は3枚だったり5枚だったりする。 葉の形は細長い楕円形である。 これに対して藤袴(フジバカマ)の葉は3裂し、鵯花(ヒヨドリバナ)の葉は裂けずに向かい合って生える(対生)。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
生育地 湿った道ばたや林の中
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 1m
分布 北海道から本州の近畿地方にかけて分布 海外では、サハリンにも分布
名前の読み よつばひよどり
分類 キク科 フジバカマ属
学名 Eupatorium chinense var. sachalinense

ヨツバヒヨドリ [四葉鵯]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ハナキリン

    色: オレンジ ピンク
    大きさ:10~200センチ
    花の特徴:花の脇から花茎を出し、4つずつ花をつける。 花の色は赤、桃色、橙色、黄色、白など豊富である。 ただし、花のように見えるのは苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)で、本当の花は真ん中にある小さなものである。

  • ムラサキセンダイハギ

    色:
    大きさ:70~120cm 地下茎が這って伸びる。
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色をした蝶形の花をつける。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ