文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ライラック・ハイビスカス

ライラック・ハイビスカス

  • ライラック・ハイビスカス
花言葉
清楚・華やか
名前の読み らいらっく・はいびすかす
分類 アオイ科 アリオギネ属
学名 Alyogyne huegelii

ライラック・ハイビスカスの動画

ライラック・ハイビスカスの360度画像ビューワー

ライラック・ハイビスカスの画像ビューワー1

ライラック・ハイビスカス

今咲いている花

5月に咲く花

  • ムサシアブミ

    色:
    大きさ:20~50cm
    花の特徴:雌雄異株である。 テンナンショウ属特有の肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出す。 花をつつむ仏炎苞(サトイモ科の肉穂花序に見られる花序を被う大形の苞)は暗い紫色か緑白色である。 仏炎苞には白い縦の筋がたくさん入る。 舷部(仏炎苞の蓋の部分)は袋状に巻き込み、先は前に突き出している。 口辺部(仏炎苞の上部の脇)は張り出して耳のようになっている。 付属体は白い棒状である。

  • ランタナ

    色: ピンク
    大きさ:1~2m 茎の断面は四角形で、棘が生える。
    花の特徴:茎先に半球状の散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、小さな花をたくさんつける。 花の色は初めは黄色で、のちに赤く変わるものが多い。 そのため、七変化(シチヘンゲ)や紅黄花(コウオウカ)の別名がある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ