文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ラナンキュラス(ハナキンポウゲ)

ラナンキュラス(ハナキンポウゲ) [ラナンキュラス]

  • ラナンキュラス(ハナキンポウゲ)
  • ラナンキュラス(ハナキンポウゲ)
  • ラナンキュラス(ハナキンポウゲ)
花の色 ピンク その他
開花時期 4月 5月
誕生花
1 月 29日
花言葉
まぶしいほどの魅力
花の特徴
花茎を立てて、黄色の光沢のある重弁花を開く。
葉の特徴
葉は3つに裂け、裂片も深く羽状に切れ込む。
この花について
18世紀のヨーロッパで大流行をしたとのことで、園芸品種には赤、ピンク、オレンジ、白など花の色も多彩である。 別名を花金鳳花(ハナキンポウゲ)という。
その他
PHOTO1撮影者:[LONA http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=9046 _blank]さん/PHOTO2撮影者:[Eくん http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=9609 _blank]さん
生育地 湿地 庭植え、鉢植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~60センチ
分布 原産地は東ヨーロッパと西アジア
名前の読み らなんきゅらす(はなきんぽうげ)
分類 キンポウゲ科 キンポウゲ属
学名 Ranunculus asiaticus

ラナンキュラス(ハナキンポウゲ)の360度画像ビューワー

ラナンキュラス(ハナキンポウゲ)の画像ビューワー1

ラナンキュラス(ハナキンポウゲ)の画像ビューワー2

ラナンキュラス(ハナキンポウゲ)の画像ビューワー3

ラナンキュラス(ハナキンポウゲ) [ラナンキュラス]

同じキンポウゲ科に属する花

今咲いている花

6月に咲く花

  • トビシマカンゾウ

    色: オレンジ
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:茎先に濃い黄橙色の花を10数輪つける。 花被片は6枚である。

  • リュウキンカ

    色:
    大きさ:20~50cm 茎は中空で直立する。
    花の特徴:葉の展開と同時に花を咲かせる。 茎の上部で枝分かれをし、先に1つずつ黄色い花をつける。 花径は2センチから4センチくらいである。 花弁はなく、花弁のように見えるのは萼片である。 萼片は普通は5枚だが、6、7枚の場合もある。 花の真ん中には雄しべがたくさんある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ