文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ラベンダーセージ

ラベンダーセージ [ラベンダーセージ]

  • ラベンダーセージ
  • ラベンダーセージ
花の色
開花時期 6月 7月 8月 9月 10月 11月
花言葉
家族愛
花の特徴
長い花穂が伸びて濃紺の花が咲く。
葉の特徴
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
その他
ブルーセージ(サルビア・ファリナケア:Salvia farinacea)とサルビア・ロンギスピカタ(Salvia longispicata)との人工交雑種である。 カリフォルニア植物園で作出された。 花穂の様子がラベンダーに似ていることからラベンダーセージと呼ばれる。 学名からサルビア・インディゴスパイアとする場合もある。
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 80~150センチ
名前の読み らべんだーせーじ
分類 シソ科 サルビア属
学名 Salvia cv. Indigo Spires

ラベンダーセージ [ラベンダーセージ]

同じシソ科に属する花

今咲いている花

5月に咲く花

  • ハマヒルガオ

    色:
    大きさ:10~20センチ
    花の特徴:葉の脇から長い柄を出して、花径4~5センチの淡い紅色の花を1つずつつける。 花冠は漏斗形で、浅く5つに裂ける。 2枚の萼のように見えるのは苞(葉の変形したもの)である。 苞は幅の広い卵形で、5枚の萼片を包んでいる。 雄しべは5本、雌しべは1本である。

  • フタバアオイ(カモアオイ)

    色:
    大きさ:10~20センチ
    花の特徴:葉の展開と同時に葉のつけ根の部分から柄を出し、花径15ミリくらいの暗い赤褐色の花をつける。 花には花弁はなく、3枚の萼片が筒状となり、萼片の上部は強く反り返る。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ