文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. リキュウバイ(バイカシモツケ)

リキュウバイ(バイカシモツケ) [利休梅]

  • リキュウバイ(バイカシモツケ)
  • リキュウバイ(バイカシモツケ)
花の色
開花時期 4月 5月
花言葉
控えめな美しさ , 気品
花の特徴
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い5弁花をつける。 花径は3、4センチである。 花びらは円形で、つけ根のほうが細くなる。 雄しべがたくさんあり、雌しべの先は5つに裂ける。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。 質は薄めで、裏面は白味を帯びる。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、つの稜がある。
その他
日本へは明治時代の末期に渡来した。 庭木とされるほか、茶花として利用される。 千利休にちなんで名前がつけられた。 梅花下野(バイカシモツケ)や梅咲き空木(ウメザキウツギ)、丸葉柳桜(マルバヤナギザクラ)などの別名がある。
生育地 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 2~4m 樹形は株立ち(根元から何本もの細い幹を立ち上がらせる)になる。
分布 原産地は中国の中北部 日本へは明治時代の末期に渡来
名前の読み りきゅうばい(ばいかしもつけ)
分類 バラ科 ヤナギザクラ属
学名 Exochorda racemosa

リキュウバイ(バイカシモツケ)の360度画像ビューワー

リキュウバイ(バイカシモツケ)の画像ビューワー1

リキュウバイ(バイカシモツケ) [利休梅]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ベニバナトチノキ

    色:
    大きさ:10~20メートル
    花の特徴:八方に広げた葉の先に赤い花がすっと天に向かって伸びる。 花は房咲きで、やや黄みを帯びた紅色をしている。 紅色には濃いものから薄いものまで幅がある。 雄しべが花の外に突き出している。

  • キンラン

    色:
    大きさ:30~70センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、3輪から10輪くらいの花をつける。 花径は2センチくらいで、花の色は鮮やかな黄色である。 花は平らには開かず上向きに半開し、下から上へと咲き上る。 唇弁は上の唇と下の唇とに分かれる。 上唇には赤い斑が入り、縦長の筋がある。 下唇は浅い円錐状の距になっている。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ