文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. リュウカデンドロン

リュウカデンドロン [銀葉樹]

  • リュウカデンドロン
  • リュウカデンドロン
  • リュウカデンドロン
花の色
開花時期 9月 10月
誕生花
8 月 10日
花言葉
物言わぬ恋
花の特徴
花は枝の頂端につくが、葉の間に隠れて目立たない。花序の径は、1㎝~5㎝程度で品種により異なる。
葉の特徴
葉は全縁の長楕円形及び披針形で無柄、互生し、茎の先端部の苞葉は、縁が色付くものがある。
実の特徴
球果
その他
属名レウカデンドロンはギリシャ語で「白い樹木」の意味である。南アフリカでは枝を切り花としてヨーロッパに空輸し、日本にはオーストラリアから空輸されてくる。
生育地 暖地の砂壌土、温室
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 100~1000cm
分布 南アフリカ原産で、その他、オーストラリア、ハワイ等で栽培されている。
名前の読み りゅうかでんどろん
分類 ヤマモガシ科 レウカデンドロン (ギンヨウジュ)属
学名 Leucadendoron

リュウカデンドロンの360度画像ビューワー

リュウカデンドロンの画像ビューワー1

リュウカデンドロンの画像ビューワー2

リュウカデンドロンの画像ビューワー3

リュウカデンドロン [銀葉樹]

今咲いている花

9月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ